モビット審査

モビット限度額の引き上げの前に知っておくべきこととは?

モビットの限度額を引き上げてほしいと考える会員が多いですが、引き上げの申し込みの前に

 

 1.収入証明書が必要になること
 2.限度額が減る場合があること

 

について理解しておく必要があります。

 

 

■増額審査で収入証明書が必要になる理由とは?

 

モビットに限らず、カードローンの増額審査では、収入証明書の提出が必要になるのが一般的です。

 

収入証明書は、源泉徴収票や所得証明書などのことで、自分の年収を証明するために利用します。

 

モビットの申し込み時に収入証明書なしで申し込めた人も多いと思いますが、さらなる高額な限度額を認めてもらうためには、

 

 きちんと年収を証明する

 

必要があります。

 

源泉徴収票や所得証明書などで、限度額を引き上げても返済していけることを証明できなければ、増額してもらうのは難しいのではないでしょうか。

 

 

■モビットの限度額が引き下げられる可能性について

 

モビットは、総量規制の対象ローンになりますので、原則として年収の3分の1までの融資となります。

 

年収300万円の方は100万円まで、というルールのことですが、これは、モビットとその他の消費者金融の残高の合計額の3分の1までという意味です。

 

つまり、モビット利用中に他社のローン残高が増えている場合、総量規制の影響によって、限度額が減る場合があります。

 

同様に、これまでのモビットの返済状況によっては、総量規制の範囲内でも限度額が下げられる可能性があります。

 

 

■ノーリスクで限度額を引き上げる方法

 

このように限度額の引き上げには、いくつかの問題点が存在します。

 

とくに現在よりも限度額が減ってしまう問題は、深刻な問題です。

 

このリスクを避けて限度額を引き上げるには、モビット以外のローンに申込む方法以外ありません。

 

モビット以外のカードローンはへの申し込みなら、現在のモビットの限度額は、最低限、維持することができます。

 

銀行カードローンなら年収の3分の1超の融資も可能になりますので、バンクイック・レイクあたりに申込んでみてはいかがでしょうか。


誰にもバレずに借入ができる「WEB完結申込」なら安心!!
モビットの最大の特徴は、「WEB完結申込」という申込方法が用意されていることです。
「WEB完結申込」は、申込みから利用開始までのすべての手続きをWEBサイトと電子メールで行うものです。
三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に預金口座があり、その口座を利用することなど、一定の条件を満たした場合に利用できるものですが、「WEB完結申込」なら郵送物などもありませんので、誰にもばれずに利用できますよ!

モビットの詳細はコチラ!